11

へぎそばの里越後十日町地そばまつり

そばの写真

選んで楽しい!食べておいしい!おそば食べ歩き!
他にも色々なお楽しみを用意しています。

あなたはどっち派?

へぎそばの里越後十日町 地そばまつり概要

へぎそばマーク
開催日時 平成30年10月20日(土)~21日(日) 午前10時~午後3時
会場 越後妻有交流館キナーレ 1階 回廊 (道の駅 クロステンとなり)
主催 へぎそばの里 越後十日町「地そば」まつり実行委員会 (事務局 クロステン 販売課・総務課内 025-757-2323)
共催 十日町地域へぎそば組合
協賛団体 新潟県十日町地域振興局、十日町市、津南町、(一社)十日町市観光協会、津南町観光協会、東日本旅客鉄道(株)、北越急行(株)、十日町商工会議所、川西商工会、中里商工会、水沢商工会、松之山商工会、津南町商工会、松代町商工会、十日町農業協同組合、(一財)十日町地域地場産業振興センター

エコ対応について

地そばまつりでは、エコ対策の為「資源循環の早い竹箸」を全店で使用しています。
また、マイ箸ご持参にもご協力お願いいたします。

昨年の様子

交通アクセス

越後妻有交流館キナーレ 1階 回廊 (道の駅 クロステンとなり)
〒948-0003 新潟県十日町市本町六の一丁目71-2

アクセスマップ
参加そば店
  • そばや清兵衛
  • 田麦そば
  • 小嶋屋総本店
  • そば処 あてま
  • JAべジぱーく みちく彩
  • そば始め会
  • 幌加内町(北海道)
  • 和田(小千谷)
  • わたや(小千谷)
  • まるいち(小千谷)
  • イチカラ畑(小千谷市)
  • そば処石田屋一徹(飯山)
  • 江戸ソバリエ店(東京)
  • ※都合により参加店が
      変更になることがあります。

「へぎそば」とは

織物の街で生まれた、
魚沼・十日町地方独特のそばの事をいいます。
以下の大きな特徴があります。

へぎそば写真
容 器

へぎ(片木)と呼ばれる、木を剥はいだ板で作った四角い器を使用。

つなぎ

布海苔(フノリ)という海藻を使用。
当十日町市は、織物の街として知られています。織物糸の撚りを持たせる為に、
煮溶かした「ふのり」をくぐらせると美しい織物が生まれます。
その昔、十日町には多くのフノリ問屋がひしめき合っていたそうです。
大正末期、それが「そば」のつなぎとして使われ、滑らかでコシのあるそばが生まれました。
そのツルツルした喉越しとシコシコした歯応え、
また艶のある光沢も「ふのり」つなぎのそばの特徴です。

盛付け

一口ずつ食べやすい盛り付け。
この盛り付けは、「手繰り」「手ぶり」と呼ばれ、糸を織った目の 美しさ、
織の美的感性が取り入れられていると伝えられています。

そばの脇役《薬味》について

薬味には、香りを添えてそばの風味を増し、食欲をそそる働きがあります。 そばを引き立てながら、脇役の薬味が加わることにより、その栄養効率をも高める大切な働きがあります。 何気なく添えられている薬味、ひかえ目な薬味ですが、それぞれに大きな力と役割を持っているのです。そばの場合は、わさび、からし、ねぎ、七味唐辛子、ごま、などが添えられます。また、当地域独特の薬味や各店の独自の薬味もご用意してございます。
そばと一緒に薬味もお楽しみください。
① ネギ
② からし
③ あさづき
④ 天かす
⑤ ゴマ
⑥ 七味唐辛子
⑦ かぐら南蛮
⑧ ワサビ
⑨ 山菜             などなど‥‥

お知らせ

次回 開催日程 決定!!

ご好評の【へぎそばの里 越後十日町「地そば」まつり】ですが、次回第12回の開催日程が決定いたしました!

 

第12回へぎそばの里 越後十日町「地そば」まつり は、2019年10月19日(土)、20日(日)の両日開催となります。
詳細は未定ですが、日程のみ決まりました。

来年の秋の事ですので、少し気が早いですが、お楽しみに~~♪